COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?

COPDは、タバコの煙や大気汚染などの有害物質を長期間吸うことで肺に炎症が起こる病気です。40歳以上の日本人の、10人に1人がCOPDと推定されていますが、きちんと治療を受けている人は、そのうち4%程度しかおらず、今後さらに増加すると予想されています。

COPDの症状とは?

咳(せき)、痰(たん)、息切れで、進行すると階段や坂道を上るときだけでなく、ちょっとした日常動作だけで息切れを感じるようになります。

COPDを悪化させる要因とは?

COPDの方が、風邪やインフルエンザなどにかかると、それが原因となって病状が急激に悪化することがあります。重症化すると、呼吸困難、喘息のような発作、痰の量が増える、肺炎などの症状が出ます。

COPDの検査

呼吸機能検査(スパイロメトリー)

スパイロメーターという機械を使い呼吸機能を調べるCOPDの基本的な検査です。

画像検査

COPDの病状が進むと、肺の構造が破壊されてX 線の通りが良くなり「肺が黒っぽく写る」、「上下方向に肺が引き伸ばされて写る」、「心臓が細長く写る」などの特徴がみられるようになります。

COPDの予防法

COPDは汚れた空気を長年吸い続けることで発症し、原因のほとんどがタバコを長期間吸う事です。COPDはタバコを禁煙する事が一番の予防策となります。

COPDの治療

COPD で破壊された肺胞は残念ながら、元に戻すことはできません。まずは、喫煙を続けている人はすぐに禁煙をする必要があります。また、COPDの進行を抑える為に、薬物療法、運動療法、栄養療法、日常生活の管理などを総合的に行うことも重要です。

COPDチェック

  1. 1日吸うタバコの本数が50本以上
  2. 風邪ではないのに痰がからむ事がある
  3. 朝起きてすぐに痰がからむ
  4. ちょっとした日常動作だけで息切れをする
  5. 天気により咳がひどくなる

3つ該当した場合COPDが疑われます。