特定健診・保健指導

平成20年4月より開始されるメタボリックシンドローム対策の制度です。医療保険者は40〜74歳の被保険者および被扶養者に対して、健診を実施することが義務づけられています。
料金等の詳細は、こちらからお問い合わせください。
 

特定健康診査

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)など生活習慣病のリスクの程度によって、3段階にグループ分けします。

積極的支援 肥満体質に多くのリスクが重なっている方
動機づけ支援 肥満体質の影響で生活習慣病への注意が必要な方
情報提供 現在メタボリックシンドロームになるリスクが少ない方
検査項目 特定健診
診 察 問 診
計 測 身 長
体 重
肥満度・標準体重
腹 囲
理学的所見(身体診察)
血 圧
視 力  
聴 力  
  中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
肝 機 能 AST(GOT)
ALT(GOT)
γ-GT(γ-GTP)
代 謝 系 空腹時血糖
尿 糖 半定量
ヘモグロビンA1c
血液一般 ヘマトクリット値
血色素測定
赤血球数
尿/賢機能 尿蛋白 半定量
心 機 能 12誘導心電図
胸部X線検査  
  喀痰検査  
眼底検査  

 必須項目
 医師が必要と認めた場合に実施する項目

 

特定保健指導

健診によって抽出されたグループに応じて、専門家による適切な保健指導を行い、生活習慣病の予防を目指します。

情報提供 健診結果や健診時の質問票から対象者個人に合わせた情報の提供を行います。自分の身体状況を認識し、生活習慣を見直すきっかけとします。
動機づけ支援 面接によって行動目標、行動計画を作成し、6ヵ月後評価を行います。
保健指導終了後は自分ですぐに行動でき、その生活が継続できることを目指します。
積極的支援 動機づけ支援に加え、定期的・継続的(3ヶ月以上)な支援を行い、6ヵ月後評価を行います。
支援プログラム終了後も、改善された生活が継続できることを目指します。