臨床研究センター

 
 
臨床研究センター
臨床試験及び臨床研究

すべての医薬品は安全性や有効性を科学的に検証したうえで承認され使用可能になります。その検証のために医療機関で実施する試験を臨床試験といいます。また医薬品の開発のみならずすでに使用可能な医薬品あるいは食品等の安全性や有効性を検証するためのすべての臨床的な研究を含めて臨床研究といいます。東京センタークリニックは、新たな医薬品開発のための臨床試験及びすべての臨床研究に積極的に取り組みます。

執行責任者 臨床研究センター長
責任医師 長嶋 浩貴

1988年3月 千葉大学医学部 卒業
1988年4月 東京女子医科大学循環器内科 入局
1994年4月 国立岡崎共同研究機構生理学研究所 
1997年10月 ハーバード大学医学部 留学 
1999年10月 東京女子医科大学 血管研究室長
2005年12月 東京ハートセンター 副院長 臨床薬理研究所長
2009年12月 永寿総合病院柳橋分院 副院長 臨床試験センター長
2015年4月 新宿リサーチパーククリニック 院長
2019年2月 東京センタークリニック 臨床研究センター長

日本内科学会(認定医) 
日本循環器学会(専門医) 
日本冠疾患学会(評議員)
日本心血管薬物治療学会(評議員)
日本臨床薬理学会

1.Angiotensin II type 2 receptor mediates vascular smooth muscle cell apoptosis in cystic medial degeneration associated with Marfan’s syndrome. Nagashima H, Sakomura Y, Aoka Y, Uto K, Kameyama K, Ogawa M, Aomi S, Koyanagi H, Ishizuka N, Naruse M, Kawana M, Kasanuki H. Circulation. 2001;104:I282-I287

2.An HMG-CoA Reductase Inhibitor, Cerivastatin, Suppresses Production of Matrix Metalloproteinase-9 in Human Abdominal Aortic Aneurysm Wall. Nagashima H, Aoka Y, Sakomura Y, Sakuta A, Aomi S, Ishizuka N, Hagiwara N, Kawana M, Kasanuki H. J Vasc Surg 2002;36:158-163

3.An Angiotensin-converting enzyme inhibitor, but not an angiotensin II type 1 receptor blocker, prevents -aminopropionitrile monofumarate-induced aortic dissection in rats. Nagashima H, Uto K, Sakomura Y, Aoka Y, Sakuta A, Aomi S, Hagiwara N, Kawana M, Kasanuki H. J Vasc Surg 2002;36:818-23

4.Direct in vivo evidence of a vascular statin: a single dose of cerivastatin rapidly increases vascular endothelial responsiveness in healthy normocholesterolaemic subjects. Omori H, Nagashima H, Ishizuka N, Hagiwara N, Kawana M, Kasanuki H. Br J Clin Pharmacol 2002;54:395-399

5.Therapeutic value of statins for vascular remodeling. Nagashima H, Kasanuki H. Curr Vasc Pharmacol 2003;1:273-279

6.Preliminary assessment of the safety and efficacy of tanezumab in Japanese patients with moderate to severe osteoarthritis of the knee: a randomized, double-blind, dose-escalation, placebo-controlled study. Nagashima H, Suzuki M, Araki S, Yamabe T, Muto C; Tanezumab Investigators. Osteoarthritis Cartilage. 2011; 19:1405-1412

7.First-in-human, phase I dose-escalation study of single and multiple doses of a first-in-class enhancer of fluoropyrimidines, a dUTPase inhibitor (TAS-114) in healthy male volunteers. Saito K, Nagashima H, Noguchi K, Yoshisue K, Yokogawa T, Matsushima E, Tahara T, Takagi S. Cancer Chemother Pharmacol. 2014 Jan 23.

8.Clinical pharmacology of the anti-IL-17 receptor antibody brodalumab (KHK4827) in Japanese normal healthy volunteers and Japanese subjects with moderate to severe psoriasis: A randomized, dose-escalation, placebo-controlled study. Osamu N, Hirotaka N, Koji S, Kenji T. J Dermatol Sci. 2014 75(3):201-4

9.Single- and multiple-ascending dose studies to evaluate the safety, torerability, and pharmacokinetics of daclatasvir and asunaprevir in healthy male Japanese subjects. Shiozaki T, Ueno T, Nagashima H, Yamahira N, Hiraoka M, Eley T, Bifano M, Bertz RJ. Int J Clin Pharmacol Ther 2015 53(4):292-30

10.Optimizing a Single Monthly Dose of Risedronate Baced on its Weekly Dose in Healthy Japanese Postmenoposal Women. Jpn J Clin Pharmacol Ther 2017;48(4):121-129

かなえ新薬研究賞(1998) 
木村財団研究奨励賞(2000) 
東京女子医科大学Young Investigator Award(2001) 
日本心臓病学会Clinical Investigators Award(2002)

臨床研究センター体制図

 
 
医療機器のご紹介

冷蔵庫(4℃)×3
冷凍庫(-20℃)×1
冷凍庫(-80℃)×1
遠心機×1
冷却遠心機×2

12誘導心電計×2
X線撮影機×1
電子カルテシステム×1
画像診断システム×1
HbA1C迅速測定器×1

自動血圧計×2
スパイロメーター×2
身長体重計×1
AED×1

 
 
臨床研究センター及び所属医師の主な実績
プロトコル数
領域・疾患
 
 
独自の取り組み
企業との提携
質の高い臨床試験、臨床研究、食品に関する試験を実施するために、3Hホー
ルディングス株式会社、3Hメディソリューション株式会社、3Hクリニカル
トライアル株式会社、3H CTS株式会社をはじめとする複数の企業と、試験や研究に参加する被験者募集業務、試験や研究の実施支援業務等多くの業務に
関して契約しています。
 
 
お問い合わせフォーム